人材アシスト株式会社

お電話でのお問い合わせ
06-4706-7077

メールでのお問合せ
info@sr-jinzai.co.jp

COLUMNS

【第15回】しごとのよろこび

こんにちは、堀内です。

2020年の東京オリンピックに続いて、2025年大阪での万博開催が決定しました。
前回の大阪万博の年に生まれた私は、万博がどんなものなのか全く実感が湧かないのですが、一定の経済効果だけではなく、日本全体で皆がワクワクして喜ぶような素敵なイベントになることを期待しています。

さて今回は「仕事の喜び」について。

20年に渡る転職サポートの仕事でお会いした求職者/転職希望者の方は数千人になります。
毎回、全員の方に必ず聞いている訳ではありませんが、「仕事をしていて嬉しい事、喜びってどんなことですか?」と聞くことが結構多いです。
単に個人的な興味で聞くこともありますが、基本的にはその方の仕事のモチベーションの源泉やキャリアにおいて何を求めているのかを理解するために聞いています。

もちろん
素晴らしい上司や同僚に囲まれて毎日和気あいあいと楽しく仕事が出来る、
日本が誇る大メーカーに勤務することを誇らしく感じる
仕事が評価されて昇進した時
管理職に昇進して給与がガッツリ上がった時

といったことも働く上での大きな喜びかと思いますが、
皆さんが、日々向き合っている仕事そのものからダイレクトに得られる喜びとは、どんな喜びでしょうか?

私はメーカーに勤務したことが無いので、以前メーカー勤務の方とお会いした時に
「いやあ、自分が携わった新製品が完成して上市される時が一番嬉しいですね」
と伺った時には
「ああ、自分は経験したことは無いし、今後経験することも無いだろうけど、これはきっとメチャメチャ嬉しいだろうなあ」
と思うことがありました。
一方で、このような自分で経験出来ない話が聞けるのも、この仕事の喜びの1つだなあと感じました。

先日、ある50代の男性の方の転職相談を終えて、その男性から帰られる際に
「いやあ、今日はお会い出来て良かったです。再就職活動に臨むに際して色々と不安なことが多かったのですが、
堀内さんとお会いして何か気分がとても楽になりました。本当にありがとうございます」
と言って頂き、何とも心から嬉しくなりました。

この時、ご紹介した求人企業で転職が決まった、人材紹介が決まり売上が上がった、という具体的な成果が出た訳ではないですが、「ああ、この仕事をしていて良かったなあ」「また明日も頑張ろう」と思えた瞬間でした。

有難いことに、普段から仕事で求職者の方や求人企業の方からお礼を言われることはちょこちょこありますが、
上記の男性からお言葉を頂いた時は何故か

「人から感謝される」ってこんなに嬉しいことなんだ。
「少しでもお役に立てたかな」という気持ちは、こんなに自分に自信を感じさせてくれるんだ、と久し振りにウルウルと感じました。
何故だか分かりませんが。

あなたが仕事から得られる「よろこび」って何ですか?

「毎日がつまらないなあ」「仕事へのモチベーションが湧かない」「とりあえず毎日会社に行くのがダルい」という人も多いかと思います。
そんな時には、自分が仕事から得られる喜びをもう一度じっくりと考えてみるのもいいのでないでしょうか?

その仕事を始めた頃に感じた喜びをもう一度思い出し振り返ってみて、また明日から毎日の仕事で少しでも「よろこび」を感じられるように、リフレッシュ頂ければ幸いです。

なに、今の仕事で喜びなんか感じたいことが無い?

そんなあなたには転職をおススメしますよ。

このコラムを読んで頂いた皆様に、素敵なご縁がありますように。

人材アシスト 株式会社
代表取締役 堀内 健輔